空のとびかたプロジェクト

本プロジェクトは、2018年4月に障害者雇用法が改正される事に先駆けて発足する、映画制作プロジェクトです。 「理解」よりも「慣れる」がモットー! 定型と非定型が一緒に楽しめるエンターテイメントを考えています。特に発達障害にスポットを当てて活動しています。

■ 活動紹介 第2弾 〝発達障害ブログ 『ADHDなライター・詫磨一紫の日々徒然』 詫磨一紫さん〟 ■

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ



f:id:hyogokurumi:20160621223529j:plain


……第2弾は、発達障害ブログを書かれている詫磨さんにお話を伺いました!


~ブログの話~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『詫磨さん、今日はよろしくお願いしますっ!』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『よろしくおねがいします! ちょっと緊張しますね(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『自分もです(笑) では最初は、詫磨さんのブログについてお話を伺います。いつも楽しみに読んでいます』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『ありがとうございます!』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『4コマの絵がとても愛らしいです。自分は勝手にウサギ人間と呼んでいるのですが、キャラクターの名前などあるのでしょうか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『うれしいです! あの「ウサギ人間」は一応わたくし詫磨一紫をキャラクター化したものなのですが、実はウサギじゃないんです!(笑)ウサギのような、猫のような、正体不明の生物で、耳みたいなのは触覚です(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『そうだったんですね。あぁ、よく見たら、お耳もそんなに長くない。触覚だったんですね! すみません(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『いえいえ、一体アレの正体はなんなのでしょうね(笑) 自分で描いてても謎なんです…』


~ブログの話 続き~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『詫磨さんはブログで、ご自身の体験を4コマ漫画と一緒に記事にされていますが、いつ頃から始められたんでしょうか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『ええっと、最初は普通に飼っている爬虫類をメインにしたブログを運営していたのですが、そんな最中に自身が発達障害があると知り、「発達障害をメインにしたごちゃ混ぜブログをしようかな…と思い立ちまして。漫画もブログをやりだして、ですね。それまではあの「ウサギ人間」も自分の手帳の中だけのキャラクターでした』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『最初は発達障害関係のブログではなかったんですね』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『はい』


~爬虫類くんの話~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『その爬虫類くんの紹介もできますか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『沢山いますよ〜(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『一匹じゃないんですね!』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『まずは豆ちゃん。ホルスフィールドリクガメです。この子は一番長くいる子で、部屋の中に放したらドカドカと異常はないか確認してまわります』

f:id:hyogokurumi:20160621223943j:plain:w300



f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『フィルビートトゲオアガマのセガールと、』

f:id:hyogokurumi:20160621224139j:plain:w300



f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『ヘルマンリクガメのうずら豆と、』

f:id:hyogokurumi:20160621224218j:plain:w300



f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『ヒョウモンガメの茶福豆と、』

f:id:hyogokurumi:20160621224237j:plain:w300



f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『すごい、ガラパゴス諸島みたい』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『クサガメの大納言と中納言と、』

f:id:hyogokurumi:20160621224324j:plain:w300



f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『一向に心を開いてくれない、会社で拾ったミドリガメの少納言と、』

f:id:hyogokurumi:20160621224350j:plain:w300



f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『たまにエサと間違えて飼い主の指に襲い掛かるマクレーンです。以上です! 確かに多いですね…』

f:id:hyogokurumi:20160621224414j:plain:w300



f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『名前は、亀さんはお豆で統一、トカゲはハリウッド映画の俳優さんや主人公の名前で統一しています』


~爬虫類くんの話 続き~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『いやぁ、一匹~二匹かと思っていたら、こんなにw 一紫さんにとって爬虫類の魅力とは?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『魅力ですか…やっぱり、自分がせかせかしちゃうところがある中で、これだけマイペースな生き物を見ているとつられて落ち着けるところですかね。あと、臭いません! これが一番!』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『なるほど、たしかに、爬虫類はゆっくり動きますよね。飼うことになったきっかけもそういうところにあるのでしょうか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『トカゲはシュタンッと早い瞬間もあるのですが、基本的に全力で日光浴してますから、あまり動きません。セガールはちょっと激しいですけど』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『きっかけは会社の人が、 一紫が会社に置いてた水槽にスッポンを投入していたことです』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『ほうほう、スッポンとはあの亀さんのスッポンのことですよね? 会社に置いていた水槽ということは、もともと会社で何か生き物を飼っていたのでしょうか』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『そうです! ある日出勤すると、自分の熱帯魚の水槽にスッポンがいたんですからビックリしましたよ。仕事先で捕まえたそうで。いや、だからってそこに入れたら自分が世話するしかないじゃないですかっていう(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『熱帯魚さんたちが食べられなかったのか気になるのですがw それが出会いだったんですね!』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『ちょうど熱帯魚も人にあげたりしてカラにはなってたんで、犠牲者は出ませんでした! 最初は「まいったなー」って思ったんですが、すっごく可愛いことに気が付いてしまって。その子はお外に日光浴に出してる間に脱走されてしまって。もともとうちの会社には野生のスッポンさんが沢山いますから、大丈夫だとは思うのですが。元気でいてくれてるかなー…』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『きっと元気ですよ! お話を聞いていてぼくも爬虫類に興味がわきました』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『結構懐きます! 海外には爬虫類セラピーもあるそうですよ!』


~障害特徴の話~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『ではそろそろ次の質問へ! 詫磨さん自身の障害特徴について、お答えできる範囲で結構ですので、お話を聞かせください。どういった障害特徴をお持ちなのでしょうか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『自分はADHDなのですが、時間感覚、聴覚過敏と視覚過敏、算数障害が主な症状です』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『症状を知らない方の為に、それぞれの特徴を簡単に説明して頂けますか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『まず時間感覚の障害は、言葉の通り「時間の感覚を上手く掴めない」症状です。10分程度のつもりだったのが現実には1時間経過していた、とかですね。あと、ADHDにはよくある傾向ですが、時間感覚に鈍いため、ハッキリと期日と時間を指定されないと〆切を守ることが難しいです。ただ「手が空いた時でいいから」とか言われるとなかなか手をつけません(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『聴覚や視覚の過敏症は、人が気にならない程度の音や光が「痛み」となって襲うのです。神経に直接刺すようなものから、情報が一気に流れ込んで来てグッタリ疲れてしまったり、パニックを起こしてしまったりします』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『ふむふむ』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『算数障害は「数字の概念が理解できない」状態です。自分は数字の大きい・小さいが分かりにくいのもありますが、数字自体認識できず、黒くつぶれて見えたり、白く消えて見えたり、そもそも存在自体理解できません』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『発達障害者の症状は個人差が大きいですからね。感覚過敏を持たない発達障害者の方もいらっしゃいます』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『詳しくお話しして下さってありがとうございます。こういう症状はもともと自覚があったのでしょうか? 診察や診断までの経緯を宜しければ教えて下さい』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『もともとありました! 特に聴覚と視覚、算数障害には苦労しました。中学生の時、美術系の高校の推薦候補に上がりましたが、算数障害があるために諦めました。掛け算でつまずいてる状況ですから、試験なんてとてもとても(笑)視覚と聴覚の過敏が原因で外出先で疲れ切ってしまったり、イライラしたりして。それが障害があるため、だなんて自分も親も想像もしていませんでしたから、怒られたり落ち込んだり。えらい苦労しましたね(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『ということは、ずっと未診断のままだったんですね』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『はい。で、以前お付き合いしていた方に発達特性のためにケチョンケチョンにされまして。仕事でも「書類を期日までに作れない」とか、「ファイルにまとめることすらできない」とか、確かにおかしい…と感じ始めていた頃、ネットで発達障害のことを知りました。「あれ?これ自分だな」と気付いて、その日のうちに診察の予約を入れました!』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『初診察は社会人になってからだったんですね』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『そうなんです! もっと早くに存在を知りたかったです!』


~障害特徴の話 続き~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『障害受容など、発達障害の診察には悩みもつきものですが、詫磨さんの場合、そのあたりの気持ちはどうでしょう?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『それが全くなかったんですよ。「やっぱりな〜うぇぇいw」みたいな、軽いノリでした!』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『すんなり受け入れられたってことですねw 診断前と診断後でかわったことなどありますか? 特に改善されたことなどあれば聞きたいですね』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『診断を受けたことで、自分でも謎に包まれていた自分を理解できるきっかけにはなりました。発達障害の本を何冊も読んで、自分に当てはめて「これはこうすればいいのか、みんなこういう工夫してるんだな!」と、自己対策は人の真似から入りました。そのうちに「言うほど困ってないかも」というようなものも出てきますし、逆に「これ完全に詰んでるやん」みたいなものも出てきました。頑張るところと、無理だと諦めて切り替えることで解決したこともあります。アイテムを駆使することで対応することなど、状況はいろいろ変わりましたよ』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『考えやすくなったという感じがすごく伝わりました。総合的に、生きやすくなったということですね!』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『はい! 自分が発達障害者だと知りショックを受ける方も確かにいらっしゃると思いますが、自分の場合は良い方に転びました』


~お仕事の話~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『先日の詫磨さんのブログの記事で「仕事で山の中をさ迷ってたら」とあったんですが、山の中を彷徨う仕事ってなんだろうと、気になっていましてw 宜しければリアルのお仕事の事を教えて頂けますか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『自分はちょっと特殊な会社に務めておりまして、砂利採取業兼、産業廃棄物の中間リサイクル工場兼、運送業兼、解体業という混沌としたグループ会社で「なんでもやる(一応事務)」というポジションです。砂利採取業という仕事柄、山の中を彷徨うこともあるんです。キジとかウサギとかイタチとか狐とかイノシシとか色々動物に会えますよ!』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『おお~、砂利採取というと、戦隊ヒーローと悪者怪人が戦うような場所ですか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『よくご存知で!! そうですね、採石業者とか砂利採取業者とかの土場で撮影してますね〜(笑)火薬使う分、採石業者の方が多いかもです。採石業者さんは日頃から火薬使うから、近隣に民家もないでしょうから』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『元々オープンで就職したのでしょうか? それとも途中でカミングアウトした感じですか?』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『オープンですよ! オープンもオープンでブログ読んでくれてる社員もいます(笑)』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『(カミングアウトは)途中ですね。元々作業員として就職したのですが、人手不足で事務に異動になって。事務の最初の仕事は受付事務員でしたから、動き回るのがメインでジックリ椅子に座る暇もなく。その後受付から事務所に異動になり、発達障害があることに気付けるレベルのヘマをし続けました(笑)会社の人たちは良い人たちばかりですから、この人たちから発達障害者ってのを知ってもらおうと思ったのですよね。いつかみんなの周りに困っている発達障害者が現れた時、自分の存在がクッションになれれば良いな、と思ったのです』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『すごくいいと思います! 発達障害と就職、というと暗い話も多いのですが、詫磨さんのような方がどんどん増えてほしいって思いました!』


~最後に~

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『では最後に、この記事を読んで下さった皆さんに何か一言!』

f:id:hyogokurumi:20160621223524j:plain:w100:left 『はい! たくさんお話できてとても楽しかったです。ここでのお話や自分のブログ、ついでに自分の本が誰かのお役に立てたり、定型発達者さんとのクッションになれるようにがんばります!』

f:id:hyogokurumi:20160621223519j:plain:w100:left 『詫磨一紫さんでした! ありがとうございました!』


ADHDなライター・詫磨一紫の日々徒然
f:id:hyogokurumi:20160621223531j:plain

ブログ
http://writertakuma.hatenablog.com/

Twitter
https://twitter.com/isshitakuma

詫磨一紫著書(kindle)
ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!10分で読めるシリーズ

ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!10分で読めるシリーズ

ADHD当事者が伝授!発想を具現化する方法!10分で読めるシリーズ

ADHD当事者が伝授!発想を具現化する方法!10分で読めるシリーズ