空のとびかたプロジェクト

本プロジェクトは2018年4月に障害者雇用法が改正される事に先駆けて発足した映画制作プロジェクトです。「理解」よりも「慣れる」がモットー!映画は無事完成しました!応援ありがとうございました!現在はサイトの管理運営のみ。

映画版テキストインタビュー サーモンさん

回答日時
2018年4月15日

Q1.回答者名を教えてください。
サーモン

Q2.ご年齢はおいくつですか?
40

Q3.ご職業はなんですか?
公務員

Q4.発達障害の診断の有無は?
診断済み

Q5.診断内容、または特徴について教えてください
ADD/ASD

Q6.発達障害って、なんですか?
社会から見たら軽微な個性、私にとっては背負わされた宿命。

Q7.発達障害は先天的なもの? 後天的なもの?
先天的なもの。しかし、診断基準には機能不全家庭とか後天的なものも含まれている。結果、時々世間からの誤解を招いている。

Q8.発達障害の人が学生の内にやっておくべきこととは?
診断。二次障害の病識の自覚。歪みがちな認知の矯正訓練。一般的な常識の学習。自分の才能の追及。たくさんあると思う。

Q9.貴方にとって嬉しい気遣いはなんですか?
具体的に教えてくれること。目的、道具、期間、完成時の報告者などを知らされること。雑談や食事には相手から誘ってくれること。

Q10.実は困ってしまう気遣いはなんですか?
できる役割もわたしにおろさないでしまうこと。

Q11.日常でよくしてしまう失敗はなんですか?
ノルマに集中し過ぎて、自分の体力の限界を感じられないため、ありえない凡ミスをすること。でもちゃんと回復するまでの休息時間はいつも足りない。

Q12.その失敗を防ぐ為に気を付けていることはなんですか?
遊ばないで寝る。時には掃除もあえて後回しにして寝る。だから心の不満が溜まる。

Q13.日常生活の中で困っていることはなんですか?
やることが溜まりすぎる。でも思考力は急に途切れるので、こなし切れなくなる。

Q14.貴方と発達障害との関わりを教えてください
本来の自分を取り戻したキーワード、と言っていいかもしれない。長くなくてすみません。

Q15.発達障害に関するエピソードで嬉しかったこと
発達障害で良かったこと、ということですね。あまり……無いですね。絵が少し描けるので、文で伝わりづらいことを図解で描けることは、便利です。でも、絵を描くソフトを使いこなすとか、スキャナーとか、そういう発展のさせ方が出来ないので、ほかの発達障害の方たちのように、自分をもっと表現することは、無理です。そういう発展の手伝いを相談に乗ってもらえたり、教えてもらえる相談先があると違うんでしょうが、過去に、探しても見つかりませんでした。あんまり喜んでいなくて、ごめんなさいね。

Q16.発達障害に関するエピソードで困ってしまったこと
困ったこと……主なものは、上に書いた通りです。常識的なことを、日々こなし切れません。過去にはリタリンを服用できたこともありました。でも、無くなりましたよね。コンサータ処方のしづらさは、皆さんご存知の通りだと思います。本来は、薬だけではなく、薬も障害者手帳ももらえない範囲にいる人たちにも、支援や訓練が必要で、でもそういう支援先がとても足りない、ということが、もっと知らされて欲しい。知らされて終わりではなく、解雇される前に、就労中でも排除されずに頼れる支援先がたくさんできて欲しい。

Q17.発達障害に関するエピソードで嫌だったこと
マスコミが、中途半端なわたしたちを、まだ出し足りない、と感じています。どう取材してどんな観点で編集したらいいのか、扱いづらいのではないでしょうか。この映画を取材してくれればいいのに、と思います。ドキュメンタリーにして、掘り下げて、真面目に報道してほしい。ドキュメンタリーに必要な、取り掛かりの情報は、この映画にちゃんと詰まっていると思います。

Q18.最後に、自由に語ってください
くるすしょうごさん、映画を作ってくれてありがとうございました。ブログも読ませてもらってます。読者の立場にたって、冷静に文を作り続け、自分も抑え過ぎない生活の仕方は、安心感、安定感があります。
上記の、年齢を書きこむ欄が「選択肢1」の、ポチ、の他に書き込むところを見つけられなかったですが、サーモンは40代中年です。
可能性のある若い人たちが、ふてくされず、すねず、ぐれず、引き籠らず、絶望せず、二次障害に溺れす、思考停止せずに、くるすさんのような人をお手本にしていって生きて行って欲しいです。
自己探求を、食うや食わずで旅をして同じようにしなさい、という意味では無く、失った自己は、しにものぐるいで真面目に探せばちゃんとあるんだよ、ということなどが伝わって欲しい。そのためにも、どこかのメディアがこの映画を取材してくれたらいいのに、もっともっと広く伝わるのに、と切に思いました。レストランの上映会中止の件も、残念でしたね。

 

※年齢を入力できるように修正しました(18/04/15)