空のとびかたプロジェクト

本プロジェクトは、2018年4月に障害者雇用法が改正される事に先駆けて発足する、映画制作プロジェクトです。 「理解」よりも「慣れる」がモットー! 定型と非定型が一緒に楽しめるエンターテイメントを考えています。特に発達障害にスポットを当てて活動しています。

【9月イベント】空のとびかたプロジェクト ダーツイベント【2017.9.24.sun】

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ



 9月24日、空のとびかたプロジェクトはいつもの茶話会ではなく、ダーツオフイベントを開催しました。

 今回は少人数イベントで、参加者は代表の来未含めて全員で4人でした。(参加者:来未炳吾、六花氏、けるフォイ。さん、eddyさん)

 

f:id:hyogokurumi:20170924201853j:plain

(遊んでいる様子。六花氏とeddyさん)

 

 ダーツといっても、西部劇に出てくるような、ボードが麻でできているハードダーツではなく、ボードがプラスチックでできているソフトダーツです。備え付けのモニターには派手なデジタル演出が表示されます!

 様々なプレイモードがありますが、今回は「カウントアップ」というわかりやすいモードを選びました。1R3投を合計8R行い、他のプレイヤーと点数を競うモードです。

 

 私は数ヵ月ぶりのダーツだったこともあり、最初は狙い通りにダーツが飛ばず、OUTが頻発してしまいました。それが落ち着いてからは、とりあえずボードには刺さるようになりましたが、以前のフォームやダーツの持ち方を思い出すのに数プレイかかってしまいました(^_^;)

 六花氏はダーツ経験者でしたが、私と同様久しぶりのプレイだったこともあり、開幕から最後までOUTが頻発。

 eddyさんは以前一度だけ遊んだとのことでしたが、最初から最後まで安定していましたね。BULL(真ん中)の回数も一番多かったんじゃないかな!

 今回が初ダーツのけるフォイ。さんは、高速投手の為か、狙いはばらつくもののOUTは少なめ、確実にボードに刺さるので毎回目を見張るプレイを見せてくれました! 特に後半はBULLに当たる頻度も増え、最終的にはソフトダーツの初心者卒業と言われる400点を突破しました!

 

f:id:hyogokurumi:20170924221354j:plain

(けるフォイ。さん初BULL!)

f:id:hyogokurumi:20170924210138j:plain

(最終ゲーム。左から来未、六花氏、けるフォイ。さん)

f:id:hyogokurumi:20170924210259j:plain

(私は最後の方でなんとかBULL2連!)

ダーツを通して

 私はしばらくダーツから離れていたのですが、今日改めてダーツの楽しさを実感しました。今回、ダーツイベントにして良かったです! 時間一杯打ちまくって、なんかいろいろ発散できました!

 

 以前は全く狙い通りに刺さらないダーツをみて、そこに発達障害特徴を重ねていました。今はどちらかといえば、ダーツを楽しめている気持ちの方が大きいです。それだけ日常に余裕をつくれたからだと思います。

 ケアレスミスやコミュニケーション難といった発達障害特徴のある人は、自分の意識や感覚のことが、嫌いになりやすい境遇の中にいるかと思います。

 

 そんな方は、ぜひダーツを遊んでみてください。そして思う存分、自分の感覚と向き合いながら、ダーツを投げてください。

 狙ったところに刺さると、とても楽しくなりますよ!

 

ダーツグッズが気になる方はこちらをどうぞ♪

利用したお店

告知記事